《1分で分かる》多元主義とは?

多元主義とは?

多元主義…

欧米の宗教的伝統の中では長年、キリスト教が唯一の真の宗教とみなされてきたが、20世紀に非西欧世界の様々な移民の流入や多様な国際交流が進み、文化や価値が多元的であることが意識されるようになった。それに伴い、宗教においてもキリスト教だけを唯一絶対の価値と見るような排他主義は成り立ちにくくなり、様々な宗教の価値を相対化し並立的に見るような宗教多元主義が台頭した。この価値観の転換はキリスト教とその宣教にも影響を与え、一方では、キリスト教以外の諸宗教の中にも真理を認めていこうとするような相対主義が生じた。他方、キリストだけが救いに至る唯一の道であることを信じ宣教する福音派においても、他宗教をすべて無価値なものとして否定するかつてのような単純な排他主義が宣教のアプローチとして力を失い、「多元的な世界の中でいかにしてキリストのユニークさを証しするか」といった命題が今日的な課題となっている。
(2003キリスト教用語集より)