《1分で分かる》政教分離とは?

政教分離とは?

スポンサーリンク

政教分離…

信教の自由を保障し、国の宗教活動の禁止を定めた日本国憲法20条、宗教上の組織・団体への公金支出を禁じた89条は、国や公共団体が特定の宗教を援助・助長することを禁じており、これを一般に「政教分離原則」と呼ぶ。教会と国家の分離を定めた欧米の信教の自由の法的原則に倣っているが、日本の場合は国家と神道が一体化した戦前の体制を断ち切ることを目的として、戦後憲法によって「政教分離」が定められた。しかし、靖国神社問題や大嘗祭問題など、神道を特別の地位に置こうとするような戦前体制への復古を目指す動きは繰り返し現れてきた。このため、キリスト教をはじめとする宗教関係者らは、憲法の「信教の自由」と「政教分離原則」の遵守を求め、幾多の住民監査請求や訴訟を起こしてきた。判例は、「政教分離原則」を厳格に適用するか、緩やかに適用するかなど、その解釈で揺れている。
(2003キリスト教用語集より)