《1分で分かる》物語神学とは?

物語神学とは?

物語神学…

英語ナラティブ・セオロジーの日本語訳。20世紀の主流派の神学においては、聖書のことばを細分化しテキストの成立史に関する複雑な議論を展開する高等批評が支配的だった。しかし、あまりにも専門化した研究の弊害が指摘され、その反省の中から「物語批評」が生まれ、80年代以降、急速に発展してきた。テキストの背後にあるものの詮索よりは、むしろテキストそのものの味読、分析を目的とする。聖書の記述を歴史か神話かと対立的にとらえるより、聖書の本質を物語表現の視点に注目することにより、聖書のメッセージをより統合的にとらえる方法として注目されている。ヨーロッパの神学会では、かつては接点のほとんどなかった福音主義神学者とリベラルな神学者が、この物語神学を軸として神学会で共に討論したり対話することができるようになってきているとの報告もある。
(2003キリスト教用語集より)