《1分で分かる》ビジョン2025とは?

ビジョン2025とは?

ビジョン2025…

全世界に出ていきすべての民に福音を宣べ伝えるという世界宣教達成への一環として、国際ウィクリフ聖書翻訳協会は21世紀を迎えるにあたり、2025年までに聖書翻訳を必要とするすべての言語において、そのプロジェクトに着手することを目指す「ビジョン2025」を打ち出した。同ビジョンを採択した1999年の段階で、聖書が翻訳されている言語は2200。まだ3000言語を話す3億人が自分の言葉で読める聖書がない状況。翻訳がこれまでのペースで進むとすれば、全言語への翻訳が達成されるにはあと150年かかる計算になる。そこで「ビジョン2025」では、ウィクリフ1団体でこれを達成しようとするのではなく、聖書や宣教に関係する他の諸団体とも協力・連携するパートナーシップを重視している。
(2003キリスト教用語集より)