《1分で分かる》ホーリーラフィングとは?

ホーリーラフィングとは?

ホーリーラフィング…

→【笑いのリバイバル】カナダ・トロントのエアポート・ビンヤード教会で起こったリバイバル(トロントブレッシング)において、集会の中で大声で笑ったり、動物の鳴き声でほえるなどの現象が起こったことに端を発し、同様の現象が各地で見られるようになったことから「笑いのリバイバル」などと称されるようになった。カリスマ・ペンテコステ派の中でも、このような秩序を乱すような現象には聖書的な根拠が希薄だとして、健全とは言えないと警戒する声がある。一方で、自閉症の子どもがそうした集会の中で心を開いて笑えるようになったとか、信仰の行き詰まりから解放された、などの経験の証しも聞かれる。
(2003キリスト教用語集より)