《1分で分かる》教会成長論とは?

教会成長論とは?

スポンサーリンク

教会成長論…

宣教の情熱と関連して教会の人数が増えることへの希求は教会に本来的なものとも言えるが、それを学問的な理論として体系化しようとする運動が1970年代、80年代ごろから特にアメリカで盛んになった。いわゆる第三世界での集団改宗の事例報告からの理論化や、社会学的な手法の援用、企業のマネージメント理論の応用なども行われたが、あまりに単純に数的な成長を至上視するかのような姿勢には批判も起こった。このため近年は「教会成長」という言葉を避け、「教会形成」や「教会健康」などの言い方をする場合もある。きよめ派(運動)→ホーリネス派
(2003キリスト教用語集より)