《1分で分かる》招聘とは?

招聘とは?

招聘…

→【各個教会主義】教派や教団の決定が「教会」の決定として、個々の地域教会のあり方を規定する監督制的な教会政治の秩序の考え方に対し、個々の地域教会が「教会」としての意思決定のイニシアチブをとるとする考え方。バプテストなど会衆制の教会は各個教会主義をとる。その場合の教派は、各個教会の上部団体的な「教団」ではなく、各個教会が同等の立場で連携する「連合」や「連盟」「同盟」「協議会」の形をとる。各個教会主義では牧師(教職者)を選ぶ主体は各個教会にあり、それぞれの教会が教職者を招聘する招聘制をとる。
(2003キリスト教用語集より)