《3分で分かる》ヤッファとは?

ヤッファとは?

スポンサーリンク

ヤッファ…

(新共同訳)([ヘブル語]yāpô, yāpô’) 「美しい」という意味.パレスチナの海港.エルサレムの西北西56キロにある.エルサレムに最も近い港,エジプトから北進する街道に近い港として重要であった.ヨシ19:46には,ダン部族の相続地の指定について「ヤフォの近くの地境」となっており,ヤフォがイスラエルのカナン定着後もイスラエルの所有ではなくペリシテ人の領域内であったことを暗示している.またツロの王フラムはソロモンにあてた文書の中で,レバノンの木材を切り出し,それをいかだに組んで海路をヤフォまで持ち出すので,そこからエルサレムへ運び込むようにと述べている(Ⅱ歴2:16/2:15).捕囚後イスラエル人はエルサレム神殿再建に際し,ペルシヤ王クロスの許可を得て「レバノンから海路,ヤフォに杉材を運」んだ(エズ3:7).ヨナはヨッパ(ヤフォ)から船出した(ヨナ1:3).このようにヤフォの海港は古くから栄えた重要な町であった.新約聖書の使9:36,38,42‐43,10:5,8,23,32,11:5,13にヨッパの名が出てくるが,これはヤフォのことである.

(出典:久保田周『新聖書辞典 新装版』いのちのことば社, 2014)

新装版 新聖書辞典
定価6900円+税
いのちのことば社