《5分で分かる》ベツレヘムとは?

ベツレヘムとは?

スポンサーリンク

ベツレヘム…

([ヘブル語]bêt lehem,[ギリシャ語]Bēthleem) ⒈エルサレムの南8キロの町.ユダの丘陵地の海抜760メートルの地点にある,ヘブロン,エジプトに通じる主要道路に沿った町.温暖な地中海性気候に恵まれており,夏の平均気温は23度,冬は14度で,年間降雨量は平均470ミリである.町は肥沃な土地と,いちじく,ぶどう,オリーブなどの果樹園に囲まれている.
ヤコブの時代にはエフラテと呼ばれ,その妻ラケルはここに埋葬された(創35:19).カナン征服後は,もう一つのベツレヘムと区別するために,ユダのベツレヘムと呼ばれ(ルツ1:1),ルツの義父エリメレクと夫ボアズの故郷であった(ルツ1:2,2:4).ベツレヘムは,ルツとボアズの曾孫に当たるダビデの生誕地であり,ダビデはここで父の羊を飼い,預言者サムエルによって王として油を注がれたのである(Ⅰサム16:13).それ以来ベツレヘムは,「ダビデの町」(ルカ2:4,11)として知られるようになった.かつてはペリシテ軍に占領されていた(Ⅱサム23:14‐16).後にこの町はレハブアム王によって防備が施された(Ⅱ歴11:6).しかしダビデの時代の後は,「ユダの氏族の中で最も小さい」(ミカ5:2/5:1)町となっていた.エレミヤの時代(エレ41:17)には,この近くのキムハムの隊商(参照Ⅱサム19:37‐40/19:38-41)の宿屋は,エジプトへ向かう出発点となった.ルカ2章に出てくる宿屋も,あるいは同じようなものかもしれない.ミカの預言は約700年後に成就し,ここで救い主が誕生された(マタ2:1).ユダヤ人の王としての主キリストを殺そうとしたヘロデの手により,この町の2歳以下の男の子が虐殺された(マタ2:1‐16).
主の降誕はこの町の近くの洞穴で起こったと,2世紀の殉教者ユスティノスは述べている.しかし紀元後の3世紀の間についての考古学的発見は何もない.一群の洞穴の上に,コンスタンティヌス皇帝と母ヘレナによって,330年に聖誕教会が建てられた.降誕の岩屋と言われている所は地下室になっており,大理石で造られていて,豪華な祭壇が設けられているが,この教会の発掘によってもキリストの生誕場所についての光は得られていない.教会は,6世紀にサマリヤ人によって破損したが,皇帝ユスティニアヌスのもとに再建された.今日では,最も人気のある観光名所となっている.
⒉ゼブルン族に割り当てられたベツレヘム(ヨシ19:15).ナザレの北西11キロにある小村.ユダヤ人の会堂の廃墟が残っている.

(出典:伊藤淑美『新聖書辞典 新装版』いのちのことば社, 2014)

新装版 新聖書辞典
定価6900円+税
いのちのことば社