《1分で分かる》ペカフヤとは?

ペカフヤとは?

スポンサーリンク

ペカフヤ…

([ヘブル語]peqahyāh) 「ヤハウェは(目を)開いた」という意味.北王国イスラエル第17代の王(Ⅱ列15:23).メナヘムの子.彼の治世は前741―739年頃と思われる.彼は父王の親アッシリヤ政策を受け継いだが,反アッシリヤ派の侍従ペカに殺害された(Ⅱ列15:25).なお,ペカフヤと共に殺された「アルゴブとアルエ」は,同名の地方の総督であろう.ペカフヤの統治は「主の目の前に悪を行い……ヤロブアムの罪を離れなかった」(Ⅱ列15:24)と言われているように,ダンとベテルでの偶像礼拝(Ⅰ列12:25‐33)を国策とするなど,芳しくないものであった.預言者ホセアはペカフヤ王時代の腐敗した状況を鋭く告発している(ホセ8:1‐6等).

(出典:熊谷徹『新聖書辞典 新装版』いのちのことば社, 2014)

新装版 新聖書辞典
定価6900円+税
いのちのことば社