《3分で分かる》ガバタとは?

ガバタとは?

スポンサーリンク

ガバタ…

([ギリシャ語]Gabbatha) ピラトがイエスの死刑を宣告した法廷が設けられた場所を指す(ヨハ19:13).これはヘブル語あるいはアラム語の音訳であって,「大皿」を意味するラテン語と関連づけるのは無理がある.ギリシヤ語の呼び名としては,「敷石,石で舗装された場所」を意味する[ギリシャ語]リソストゥロートンという語が当てられる.ガバタと音訳された元の語について,ある者は「高い所」を意味するアラム語ガッベサーであったと推測するが,[ギリシャ語]リソストゥロートンとの対比からすれば,「石を敷き詰める」を意味するヘブル語ガーバシュに関連する語とも考え得る.それが実際にどこにあったかについては,エルサレム西部のヘロデ宮殿の前庭,あるいは神殿北西のアントニヤ城塞の中庭とする説がある.前者は具体的証拠に乏しいが,後者の場所には大規模な敷石庭のあったことが発掘調査で確証されている.エルサレムを訪れるキリスト者の多くは,この所からエッケ・ホモのアーチをくぐって聖墳墓教会にまで至るヴィア・ドロロサ(苦難の道)をたどりながらイエスの受難をしのぶ.

(出典:石黒則年『新聖書辞典 新装版』いのちのことば社, 2014)

新装版 新聖書辞典
定価6900円+税
いのちのことば社