《3分で分かる》オバデヤとは?

オバデヤとは?

スポンサーリンク

オバデヤ…

([ヘブル語]ʽōbadyāh, ʽōbadyāhû) 「主のしもべ」「主を礼拝する者」という意味.⒈イスラエルのアハブ王の王宮をつかさどっていた(Ⅰ列18:3‐16).彼は若い時から主を恐れる礼拝者であった.彼はイゼベルが主の預言者たちを殺した時に,100人の預言者をかくまった.
⒉ダビデの家系と思われる家の創設者(Ⅰ歴3:21).
⒊ダビデの時代のイッサカル族のかしらイゼラヘヤの子の一人(Ⅰ歴7:3).
⒋ヨナタンの子孫で,アツェルの6人の子の一人(Ⅰ歴8:38).
⒌レビ人シェマヤの子(Ⅰ歴9:16).ネヘ11:17のアブダは同一人物.
⒍ダビデについたガド人の勇士(Ⅰ歴12:9/12:10).
⒎ゼブルンのつかさイシェマヤの父(Ⅰ歴27:19).
⒏ヨシャパテ王のつかさの一人(Ⅱ歴17:7).
⒐メラリの子孫であるレビ人.ヨシヤ王の命令によって神殿を修理した時の監督者(Ⅱ歴34:12).
10.バビロンからの帰国第2隊のうち218人を指揮したヨアブの子孫エヒエルの子(エズ8:9).
11.ネヘミヤと共に盟約書に押印した祭司の一人(ネヘ10:5/10:6).
12.ネヘミヤの時代のエルサレムの門衛の一人(ネヘ12:25).
13.オバデヤ書を書いた預言者(オバ1:1).(本辞典「オバデヤしょ」の項を参照).

(出典:油井義昭『新聖書辞典 新装版』いのちのことば社, 2014)

新装版 新聖書辞典
定価6900円+税
いのちのことば社