《3分で分かる》オテニエルとは?

オテニエルとは?

オテニエル…

([ヘブル語]ʽotnî’ēl) ケナズの子で,エフネの子カレブの兄弟,あるいはおいと思われる(ヨシ15:17‐19,Ⅰ歴4:13).カレブはカナンの領土分割の時に,ヘブロンの南西16キロにあるキルヤテ・セフェルを打ってこれを取る者には,娘アクサを妻として与えようと申し出た.オテニエルは町を奪い取ることに成功し,アクサをめとった(ヨシ15:15‐17,士1:11‐13).ヨシュアの死後15年もたたないうちにイスラエルは背教したので,神はイスラエルをアラム・ナハライムの王クシャン・リシュアタイムの手に渡された(士3:8‐11).この苦しみの中で主に呼び求めたイスラエルに,主はオテニエルを救助者,第1の士師として起こされたので,国は40年間平和であった.Ⅰ歴27:15の「オテニエル」はダビデの組織の中の部族名であった.

(出典:油井義昭『新聖書辞典 新装版』いのちのことば社, 2014)

新装版 新聖書辞典
定価6900円+税
いのちのことば社