《3分で分かる》ウリヤとは?

ウリヤとは?

スポンサーリンク

ウリヤ…

⒈([ヘブル語]’ûriyyāh,[ギリシャ語]Ourias) 「主は光」という意味.⑴ダビデの30人の勇士の一人で,ヘテ人(Ⅱサム23:39).彼の名については,それがフルリ語のアリヤに相当するものとの見方もあるが,彼がイスラエルに加わり,主を礼拝する者となったこと(参照Ⅱサム11:11)を表すものと考えられる.彼の妻バテ・シェバは,同じダビデの30人の勇士の一人エリアム(Ⅱサム23:34)の娘であった.ダビデはバテ・シェバに対して犯した姦淫の罪を隠すための画策がうまくいかなかったので,指令を与え,ウリヤを戦いの最前線に出して殺し,バテ・シェバをめとった(Ⅱサム11:1‐27).イエスの系図にも出てくる(マタ1:6).
⑵南王国ユダの王アハズに仕えた祭司.彼はアハズの命により,ダマスコにある祭壇と同じ祭壇を築き,そこでいけにえとささげ物をささげた(Ⅱ列16:10‐16).
⑶エズラの時代の祭司メレモテの父(エズ8:33,ネヘ3:4,21).
⑷エズラが民の前で律法を朗読した時,それに付き添った者の一人(ネヘ8:4).
⑸イザヤがその子マヘル・シャラル・ハシュ・バズの名をもってなした預言の証人となった祭司(イザ8:2).
⒉([ヘブル語]’ûriyyāhû)エホヤキムの治世に,主の名によって預言して,そのためにエホヤキムによって殺された預言者(エレ26:20‐23).

(出典:清水武夫『新聖書辞典 新装版』いのちのことば社, 2014)

新装版 新聖書辞典
定価6900円+税
いのちのことば社