《5分で分かる》ウジヤとは?

ウジヤとは?

ウジヤ…

⒈([ヘブル語]ʽuzziyyāh, ʽuzziyyāhû,[ギリシャ語]Ozias)「主は私の力」という意味.⑴南王国ユダの10代目の王.アザルヤとも呼ばれている.彼は16歳で王となり(Ⅱ列14:21),52年間国を治めた(Ⅱ列15:2).ユダとイスラエルの王たちの中でマナセに次ぐ最長の統治期間ということになるが,ウジヤは父アマツヤの存命中に王位についたのではないかとも言われている.そのことが正しければ,共同統治の期間があったことになる.ウジヤは父アマツヤと同様,主の目にかなうことを行ったが,ただ一つ高き所を除くことはせず,そこでいけにえをささげたり,香をたくことなどは廃止しなかった.列王記にはウジヤについての記録は少ないが歴代誌にはかなり詳細にわたって記述されている.そこにはウジヤが「主を求めていた間,神は彼を栄えさせた」(Ⅱ歴26:5)とあり,外敵に対しても勢力が並はずれて強く(Ⅱ歴26:6‐8),また内部の防備を強化し,守りを堅固なものにした(Ⅱ歴26:9以下)ことが記されている.しかし人間ウジヤの弱さは,心の高ぶりによって露呈し,身を滅ぼす結果となった.聖別された祭司のみが香をたくことになっている祭壇に自ら香をたこうとして神の怒りにふれ,その時「突然,彼の額にツァラアトが現れた」(Ⅱ歴26:19)とある.彼は死ぬ日までツァラアトに冒され,隔離された家に住んだ.
1931年に「ウジヤの骨箱の碑」がエルサレムから出土した.碑にはアラム語で「ユダの王ウジヤの骨をここに携え来る.開けるべからず」と記されていた.おそらく紀元1世紀の作であることから,アグリッパ2世のエルサレム修理工事中に偶然ウジヤの墓を見つけ,その骨を箱に入れて移したものと思われる.ウジヤの名声の高いことを示すものである.
⑵ダビデによって野と町々と村々とおのおののやぐらにある宝物倉をつかさどった役人ヨナタンの父(Ⅰ歴27:25).
⑶レビ部族の中のケハテ族の子孫でウリエルの子(Ⅰ歴6:24/6:9).
⑷ハリム族の一人(エズ10:21).彼は捕囚後の祭司の子であり,異邦人の女を妻としていたが離縁する誓いを立てた.
⑸捕囚後エルサレムに住んだユダ族の一人.アタヤの父.ゼカリヤの子(ネヘ11:4).
⒉([ヘブル語]ʽuzziyyā’)ダビデによって選ばれた勇士の一人.アシュタロテ人(Ⅰ歴11:44).

(出典:久保田周『新聖書辞典 新装版』いのちのことば社, 2014)

新装版 新聖書辞典
定価6900円+税
いのちのことば社