《1分でわかる》エバとは?

エバとは?


『エデンの園と人間の堕落』ルーベンス、ヤン・ブリューゲル
神が創造された人類の祖アダムの妻で,カイン,アベル,セツらの母.この人名は,旧約聖書では「生きる」を意味する動詞(ヘブル語)ハーヤーと結びつけられ,「すべて生きているものの母」と解説されている.一方,ミドラシュなどは,アラム語の「蛇」ヒウヤーに由来すると見る.創1:27では男女一体の人類の創造が述べられ,2:18‐25では,女は男から,男の「助け手」として造られたと敷衍される.これは,相互に補い合う男女の調和を教えている.しかし,蛇にそそのかされたエバは,禁断の木の実を食べ,またアダムも同じ罪を犯して堕落した.後にパウロは,これら2人の人類の始祖の経験に言及しながら,信仰生活上の教訓を説いているエバをマリヤの型とする後代の解釈は,聖書に由来するものではない.
(出典:石黒則年『新聖書辞典 新装版』いのちのことば社, 2014)

新装版 新聖書辞典
定価6900円+税
いのちのことば社