《3分で分かる》アマツヤとは?

アマツヤとは?

スポンサーリンク

アマツヤ…

([ヘブル語]’amasyāh, ’amasyāhû) 「主の力」という意味.⒈第9代の南王国ユダの王(前796―767年).彼は25歳で王となり,29年間治めた(Ⅱ列14:2).彼は自分の父,王を殺した家来たちを処刑したが,律法に従い,その子らは殺さなかった(Ⅱ列14:5‐6,Ⅱ歴25:3‐4).彼はエドムを打つに当たって雇った北王国イスラエルの軍勢を,預言者の声に従い帰した.しかし,戦いに勝った後,敵の神々を持ち帰り拝んだ.彼はそれに警告する預言者の声に耳を傾けず,イスラエルの王に打ち負かされた(Ⅱ歴25:5‐24).
⒉ゲドルに移住したシメオン族の氏族の長ヨシャの父(Ⅰ歴4:34).
⒊メラリ族のレビ人.主の宮の歌をつかさどったエタンの父祖(Ⅰ歴6:45/6:30).
⒋イスラエルの王ヤロブアムに仕えたベテルの祭司で,預言者アモスを圧迫した(アモ7:10‐17).

(出典:清水武夫『新聖書辞典 新装版』いのちのことば社, 2014)

新装版 新聖書辞典
定価6900円+税
いのちのことば社