《1分で分かる》アビヤムとは?

アビヤムとは?

アビヤム…

([ヘブル語]’abiyyām) 「私の父は大海のよう」という意味であると思われる.レハブアム王の子,南王国ユダ2代目の王(Ⅰ列15:1).3年間(前913―911/0年)エルサレムで統治した.彼には14人の妻と22人の息子,16人の娘がいた(Ⅱ歴13:21).彼の生涯は神に背くものであったが,ダビデ王の功績のゆえに神のあわれみを受けた(Ⅰ列15:3‐5).死後ダビデの町に葬られ,息子の一人アサによって王位は継承された(Ⅰ列15:8).彼は歴代誌の方では「アビヤ」と呼ばれている(Ⅱ歴12:16).

(出典:中沢啓介『新聖書辞典 新装版』いのちのことば社, 2014)

新装版 新聖書辞典
定価6900円+税
いのちのことば社