《3分で分かる》アドナイ・ニシとは?

アドナイ・ニシとは?

アドナイ・ニシ…

([ヘブル語]yehwāh nissî) 「主はわが旗」という意味.シンの荒野とシナイの荒野との間にあったレフィディムで,ここでイスラエルの民はアマレクと戦った(出17:1,8).モーセは,ヨシュアに導かれて戦う民を,近くの丘の頂から見下ろしながら,アロンとフルの助けを得てとりなしの祈りをしたが(出17:11‐12),民が勝利を得た時に祭壇を築き,それをこの名で呼んだ(出17:15).祭壇は,モーセの手にある杖によって象徴される主なる神が,イスラエルの民の旗となり,彼らが救いと勝利を得るまで勇気の源となることをあかしする意図で築かれたと思われる.レフィディムは,現代のジェベル・ムーサの近く,ワディ・フェーラーンかワディ・レファイドと同定され,さらにワディ・フェーラーンの北端にあるジェベル・エ・タフネーをモーセが祈った場所と見る意見もある.

(出典:宮村武夫『新聖書辞典 新装版』いのちのことば社, 2014)

新装版 新聖書辞典
定価6900円+税
いのちのことば社