《3分で分かる》アタルヤとは?

アタルヤとは?

スポンサーリンク

アタルヤ…

([ヘブル語]ʽatalyāh, ʽatalyāhû) 「ヤハウェは偉大である」あるいは「ヤハウェはあがめられる」という意味.⒈南王国ユダの王ヨラムの妻(Ⅱ列8:26).北王国イスラエルのアハブ王の娘で,母イゼベルの血を受け継いだのであろうか,バアルの熱心な信奉者で南ユダ国の政治および宗教に多大の影響を与えた(Ⅱ列8:18,Ⅱ歴21:11以下).息子のアハズヤ王がエフーに暗殺された時には,激しく怒り,周囲の王の後継者候補を次々に殺して自らがユダの王となり,6年間統治した(Ⅱ列11:1‐3,Ⅱ歴22:10‐12).しかし,その治世の7年目に,生き残った王子ヨアシュを擁立して決起した祭司エホヤダを中心とした者たちに(Ⅱ列11:4‐12),王宮で殺された(Ⅱ列11:13‐16,Ⅱ歴23:12‐15).
⒉ベニヤミン人でエロハムの子(Ⅰ歴8:26).
⒊エラム族で,エズラと共に捕囚から帰還したエシャヤの父(エズ8:7).

(出典:中沢啓介『新聖書辞典 新装版』いのちのことば社, 2014)

新装版 新聖書辞典
定価6900円+税
いのちのことば社