《5分で分かる》アザルヤとは?

アザルヤとは?

スポンサーリンク

アザルヤ…

([ヘブル語][アラム語]ʽazaryāh,[ヘブル語]ʽazaryāhû) 「主は助けた」という意味.⒈ソロモン王の高官の一人で祭司.大祭司ツァドクの子(Ⅰ列4:2).
⒉ソロモン王の高官の一人で政務長官.ナタンの子(Ⅰ列4:5).
⒊ウジヤ王の別名(Ⅱ列14:21,15:1,6‐8,23,27,Ⅰ歴3:12).
⒋ユダの系図に出てくるエタンの子(Ⅰ歴2:8).
⒌ユダの系図に出てくるエフーの子(Ⅰ歴2:38‐39).
⒍レビの系図に出てくるアヒマアツの子(Ⅰ歴6:9/5:35).
⒎レビの系図に出てくるヨハナンの子(Ⅰ歴6:10/5:36,エズ7:3).
⒏レビの系図に出てくるヒルキヤの子(Ⅰ歴6:13‐14/5:39-40,9:11,エズ7:1).
⒐レビの系図に出てくるゼパニヤの子(Ⅰ歴6:36/6:21).
10.アサ王の宗教改革の時,王を励ました預言者で,オデデの子(Ⅱ歴15:1‐8).
11.ヨシャパテ王の子の一人(Ⅱ歴21:2).
12.ヨシャパテ王の2人の子の一人,おそらく11.と同名(ヘブル語では異なる)の異母兄弟で,兄のヨラムが即位した時に殺された(Ⅱ歴21:2,4).
13.ヨアシュが即位するのを助けた「百人隊の長」の一人でエロハムの子(Ⅱ歴23:1).
14.上記13.と同じ「百人隊の長」の一人で,オベデの子(Ⅱ歴23:1).
15.ウジヤが神殿で香をたこうとした時,そばに立って叱責した祭司(Ⅱ歴26:16‐20).
16.エフライム族のかしらの一人でヨハナンの子.預言者オデデを支持してユダの捕虜の釈放に努力した(Ⅱ歴28:12).
17.ヒゼキヤ王の宮をきよめたヨエルの父(Ⅱ歴29:12).
18.ヒゼキヤ王の宮きよめに関与したレビ人の一人(Ⅱ歴29:12).
19.ヒゼキヤの治世の大祭司の一人(Ⅱ歴31:10).
20.エルサレムの城壁を修理した者の一人(ネヘ3:23‐24).
21.ゼルバベルと一緒にバビロンから帰還した者の一人(ネヘ7:7.エズ2:2では「セラヤ」).
22.エズラが読む律法を説き明かした者の一人(ネヘ8:7).
23.ネヘミヤと一緒に契約書に印を押した者の一人(ネヘ10:2/10:3.参照ネヘ12:33).
24.ホシャヤの子で,預言者エレミヤにパレスチナにとどまるように忠告されたのに,そのことばに反抗した(エレ43:2).エレ42:1ではイザヌヤと呼ばれている(参照Ⅱ列25:23,エレ40:8).
25.アベデ・ネゴのヘブル名(ダニ1:6‐7,11,19,2:17).

(出典:村瀬俊夫『新聖書辞典 新装版』いのちのことば社, 2014)

新装版 新聖書辞典
定価6900円+税
いのちのことば社