《3分で分かる》アカンとは?

アカンとは?

アカン…

⒈([ヘブル語]ʽaqān) ホリ人セイルの子孫(創36:27).Ⅰ歴1:42では「ヤアカン」.ホリ人はセイルの山地に定住していたが(創14:6),エサウの子孫により滅ぼされてしまった(申2:12).
⒉([ヘブル語]ʽākān)[ヘブル語]アーカール(「悩ます者」という意味)の婉曲語法的変形であろう.ユダ族カルミの子(ヨシ7:1).Ⅰ歴2:7では「アカル」.ヨシュア指揮下のイスラエル軍がエリコを攻撃した際,アカンは主への奉納物,金,銀,よい着物を盗んで隠した(ヨシ7:19‐21).それは神の怒りを招き,そのためイスラエル軍はその次のアイの町攻略に失敗した.その後,彼の罪はイスラエル全家の前に明らかにされ(ヨシ7:16‐18),すべての所有物は焼かれ,彼とその家族は,石で打たれた.彼が打たれた場所は「アコル(「災いをもたらす」という意味)の谷」と呼ばれ,アカンの事件は罪に対する神のきびしい態度を教える出来事として,後々までもイスラエルの民の間に語り継がれた(ホセ2:15/2:17).

(出典:中沢啓介『新聖書辞典 新装版』いのちのことば社, 2014)

新装版 新聖書辞典
定価6900円+税
いのちのことば社