CSの子どもたち制作 クリスマスカードで被災教会支援

ニュース

CSの子どもたち制作

クリスマスカードで被災教会支援

日本基督教団浦安教会

日基教団・浦安教会(笠田弘樹牧師)=千葉県浦安市東野=の教会学校(CS)は、東日本大震災で被災した日基教団・宮古教会(森分和基牧師)=岩手県宮古市西町=を支援しようと、CSの子どもたちがちぎり絵でクリスマスカード=写真左=を制作した。

クリスマスカードには、クリスマスツリーやリース、カメや鳥など、小学校1年生から高校生まで19人のCSの子どもたちのちぎり絵作品を載せている。紙は各自が絵の具で色づけするところから始め、色づけした紙をちぎってそれぞれが思い思いに制作した。

クリスマスカードは1枚100円で500枚制作。全部売り上げると、4万円ほどを義援金として送ることができる。浦安教会や関係教会などで販売しているが、まだ在庫があるという。

希望者はTel&Fax047・351・1993、浦安教会まで。


クリスチャン新聞をもっと読む