インドネシア地震・津波

ニュース

インドネシア地震・津波

聖書キャンプの子も犠牲 救援団体も動く

【CJC】インドネシア・スラウェシ島を9月28日襲った地震は、10月10日時点で死者2千人を超え、行方不明者も多数の情報がある。

AFP通信は10月2日、聖書キャンプに参加していた教会で土砂崩れに巻き込まれた子ども34人が遺体で見つかったと報じた。インドネシア赤十字の広報担当者によると、聖書キャンプ参加者86人が行方不明になったと報告されていた。

FHインドネシアが被災地にスタッフ派遣

国際飢餓対策機構(FHI)インドネシアは、インドネシア地震救援のためにプログラム・マネージャーのノイタ・レナハトゥともう一人のコンサルタントを派遣した。

現地での緊急支援活動は「インテグラル・アライアンス」(FHIや現地キリスト教団体などが加盟している災害支援協力ネットワーク)を通じて行われる予定。

ジャカルタでの連絡会議出席後、被災地であるパルに入り、現地で支援活動。現地のニーズは食料、水、医薬品、避難施設、毛布、衣類など生活全般に及んいるが、具体的な支援内容は現地調査を経て行われる予定。

FHI(米国)の緊急支援部門では支援活動のために資金の調達を行っている。日本ではハンガーゼロ(日本国際飢餓対策機構)が協力する。郵便振替00170・9・685900 日本国際飢餓対策機構 「インドネシア地震」と明記。

WVJがCFで救援募金を呼びかけ

国際協力NGOワールド・ビジョン・ジャパンでは、初動調査チームを現地に派遣し、シギ県、パル市、ドンガラ県、パリギ・モウトン県の7郡での活動を決めた。すでにパル市内で備蓄していた毛布、ビニールシート、生活用品等を配布、避難所で生活する子どもたちが安全かつ自由に遊べる場所(チャイルド・フレンドリー・スペース)を提供。6か月の緊急支援と18か月の復興支援を計画している。クラウドファウンディングで資金を募っている。https://readyfor.jp/projects/Worldvisionjapan-201810(10月17日まで)。以降の募金はhttps://www.worldvision.jp