《旅する教会》カンボジア編③:アンコール遺跡

社会・国際

 

旅する教会 ーアジアの教会を訪ねて:カンボジア編③

鈴木光(すずき・ひかり):1980年、横須賀生まれ東京育ち。アメリカの神学校を卒業後、2006年に日本キリスト教団勝田教会に伝道師として赴任。2010年より主任牧師。妻と娘1人。著書に『「バカな平和主義者」と独りよがりな正義の味方』(2016年、いのちのことば社)、『伝道のステップ1、2、3』(2018年、日本基督教団出版局)。趣味は読書(マンガ)とゲーム、映画、ネット。

 これはアジアの教会のリーダーたちが、互いの国の教会やリーダーを訪ね歩いて学んでいく共同体型の研修〝PALD(Pan Asia Leadership Development)〟の様子を記した旅エッセイである。僕と旅の仲間たちの道中を、どうぞお楽しみください。(毎週火・金曜日更新! この旅のはじまりについてはこちら

スポンサーリンク

アンコール遺跡

 午前4時15分、ロビーに集合。
 外は真っ暗だが、鶏がトキを作っている。僕は一番乗りで、そしてインド組がいつもどおり遅刻して集まってくる。「ジェイがいたら皆そろっている(いつも来るのが最後だから)」というのが我々、旅の仲間に共通のネタになっているが今朝もそのとおりだった。
 アンコール遺跡に行く車にソピたちの知り合いのガイドさんが同乗してくれる。彼は公式ガイドらしく、来ているユニフォームは遺跡でたくさん目にすることになる。各国の言葉のガイドがいて(我々についてくれたのは英語ガイド)、多くがその制服を着ていたのだ。
 道行きに、この辺りは以前はまったく整備されていなかったし、電気もほとんど通っていなかったが、今は24時間通っっているし、自分たちのような「公式ガイド」もできたのだと話してくれる。

 外国人はアンコール遺跡への入場券が必要で、まずその手続きをする関所的な立派な建物に立ち寄る。以前に播先生が来たときは、この建物も手続きもなかったというので、本当に一気に観光地としての整備が進んだのだろう。手続きではわざわざ顔写真まで撮って、写真付きチケットを後で関所で確認するのだという。想像以上にしっかりしてる。
 手続きで待っていると日本語もチラホラ聞こえてくる。とはいえ、以前に比べるとだいぶ日本人観光客は減ったのだそうだ。やはり不景気が長かったからだろうか。若くてここまで旅行に来ようとする層には時間もお金もないという現実のせいかもしれない。それとも遺跡にあんまり興味を持っている人がいないのか。分からないが。

 カンボジアには紀元前200年くらいに仏教とヒンドゥー教が伝来したが、元々のアニミズム信仰の背景があったのでヒンドゥー教がまず根づいたという。これから見学するアンコール遺跡のある地域は、紀元後9世紀から始まるアンコール朝(クメール帝国)の王都になっていた。アンコールワットは12世紀にヒンドゥー教の寺院として建てられたが、その後、仏教が栄えたりヒンドゥー教に戻ったり、主流宗教の変化の影響を受けていく。
 仏像が時代によって頭部や腕部が切り取られ、ヒンドゥー教の像に変えられたり、逆転したりということが多々あって、頭部や腕部がない像が今もたくさん残っているという。
 ミャンマーでは仏教遺跡としてベガンを見たが、アンコールワットを含むアンコール遺跡はヒンドゥー教と仏教が代わる代わる現れたカンボジアの宗教的な歴史の一つの象徴だと言える。

 アンコール遺跡に到着。
 まず、最初に向かったのはアンコールワットで、暗い中を歩いていき、日の出を見ることになっているという。結構な数の観光客がアンコールワットの背後から日が昇る絶景を見ようとウロウロしながら待っている。もちろん我々もその一員。
 英語はもちろんのこと、韓国語や日本語のガイドの声があちらこちらから聞こえてくる。聞くとはなしに聞いていると、面白い話も耳に入ってくる。色んな環境整備に日本がたくさん経済援助をしているという話の中で、そのガイドさんいわく「日本人はボランティアや支援に来て、中国の人はお店を出しに来る」とのこと。資本主義と共産主義が逆転している気がするが、中国は華僑の人々のようにもともとビジネス力が強い人は多いわけで、言い回しも面白くて妙に納得してしまった。
 一応断っておくが、ここで中国の政治的な姿勢に何か物申す意図は趣旨に反するのでない。むしろ違いを知っていくことが(ステレオタイプを作るのは良くないけれど)、本当は理解し合うのに大切なことだとこの旅は学ばせてくれているのだ。

 さて、日の出はまあ綺麗だけど、むしろ日が昇ってシルエットだったアンコールワットの実際の姿が見えるようになったことに(元考古学青年として)興奮した。今はただの石壁だが、当時は色塗られていた壁だったそうで、その頃の風景をまた妄想して悦にひたるのだった。

アンコールワットの日の出

多種多様な遺跡群

 日の出をひとしきり楽しみ終わり、いよいよアンコールワットの中へ。インドの継承戦争やヒンドゥーの神々のストーリーを描いた壁画(レリーフ)を見ながら、中をぐるりと歩いていく。先ほど話題にあげたように、頭や腕がとれた像があちこちにいくつも置かれている。
 さらに建物の中心には、ミャンマーで呼ばれていたのと同様に、パガンと呼ばれる仏塔がそびえている。まあ、それで当然その仏塔に登るわけだが、…やはり高い所は怖い。以前は最初から付いている石段であがっていたそうだが、今やその段はすり減っていて危険で(僕は怖くて絶対登れない)、今は木でつくられた階段があるのでそれを使った(といっても十分に怖い)。
 仏塔の中に入ってしまえば、すごく広いのでそんなに高さは感じない。一番真ん中の塔には四方にそれぞれ顔を向けた4つの仏像が置かれている。
 仏塔から降りて寺院の庭に出ると、床の石の1つだけ違った色をした所をガイドさんが指さして、「ここがヒンドゥー教的な宇宙の中心を象徴しているんだ」という。スマホで方位磁針アプリを出して、その床石の真ん中に置くと、周りの床石の境目になる線がちょうど南北になっているのが分かる。この寺院がヒンドゥー的な宇宙観でできている証しだという。
 関係ないが、遺跡のとある場所で100年近く前にここに来たミャンマー人が彫っていった落書きが残っていて、その実際の日がいつなのかミャンマーの暦で書いてあるから分からないといって、ガイドさんがウェスレー(ミャンマーからのPALD参加者)に聞いていた。落書きはよくないが、100年たつとそれもまた歴史になる不思議。

100年前の落書き

 次の遺跡に向かう途中、若い仏僧たちが巡礼なのかお勤めなのか分からないが、オレンジ色の僧衣をまとって歩いているのとすれ違う。ソピが感慨深そうに20年前の自分の姿だという。そして「自分の方がハンサムだったけど」と付け加える。ちなみに、彼がハンサムでないとは言わないが、それがジョークであることを皆が自然と理解して楽しく笑えるルックスであることは付け加えておく。

 次に見学するのはアンコールトム。これもまたかつての考古学青年にとっては憧れの場所なので本当に嬉しい。アンコールワットに少し遅れて12世紀後半に建てられている。
 南門とそこに至る橋の上の両サイドに54(27対)の神々と阿修羅の像がズラリと並んでいる。向かって左側が穏やかな顔の神像で右側が怖い顔の阿修羅になっている。
 敷地内に入り、中心的な建物のバイヨン寺院を見て回る。いくつもの塔が空に向かって突き出ていて、それぞれに四方に大きな顔が彫られている。元々は仏教寺院だが、ヒンドゥー教が隆盛になると(壊された仏像も多いが)顔の像はブラフマーと混同されて残っている。建物内で、仏像が建っていたところや、彫られていた壁画が、ヒンドゥー教にとって変わる時はリンガ(男性器)の像や絵に変えられたということで、それもあちらこちらに見られる。
 ここもただの石の色になっているが、かつては金色だったという。

アンコールワットの入り口、下の2つは左右に並ぶ像を拡大

 外に出ると、「ここは上智大学の協力によって修復保存されています」という看板を見つける。他にも映画の『トゥームレイダー』のロケ地になった寺院なども見学したが、そこはインドの支援で修復中だったし、やはり中国が支援している所も多いと聞いた。

 バスに戻ろうとすると、毎度のように物売りの人が群がってくる。バスに乗り込んでしまえば大丈夫なのだけど。僕はグイグイ来られると嫌なので、物売りゾーンは足早に離れるのだが、インド組はよく出店なんかを見て回っている。
 バスの中で待っていると、高澤健先生(Asian Access International副総裁)が「日本の宗教施設は木造なのに、もっと昔からのものが今でも現役なのはすごいことだね」と言う。言われてみれば確かに。気候とかも影響するのだろうか。
 インドでヒンドゥーが強いのは言うまでもないけど、かつてカンボジアにもその影響が大きくあったことが一つの発見だったと思う。それは仏教の強い現在のカンボジアでも少なからず宗教的な価値観に影響を与えているのかもしれない。
 自然の万物に霊や神がいると考えるアニミズムと、多くの神々が出てくるヒンドゥー教は言い方が変だが親和性が高いだろう。そのいわゆる多神教的な宗教観が仏教にもまた影響を与えているような感じだろうか。
 これはおそらくさらに距離の離れた日本でも起きた神仏習合と大いに似ていると思った(個人の感想です)。

 なんか考古学熱が抑えきれずに妙に長くなってしまったが、お許しいただきたい。
 ともあれ、カンボジアの宗教的な背景を巡る貴重な時間だった。

カンボジア編④「色々なものを食べる」へ >